ラエンが得意とするシステム開発について

「効率化を図るには?」「新しい方法での差別化とは?」・・・もしかしたら、それらの困り事や要望は、IT技術で実現できるかもしれません。 ラエンでは、最先端の技術情報を、大学やパートナー企業、ベンチャー企業などさまざまな独自のネットワークによってリサーチし、実現するための仕様設計を行います。 そして私たちがもっともそれらシステムで重要な要素と考えているのが、使いやすく洗練されたデザイン、つまりUI(インターフェースデザイン)です。 一般的なシステム開発を行っている開発企業のほとんどは、お客様の利用イメージなどを画面デザインに反映させる事が不得意な場合があります。その結果、確かに要件は満たしてはいるが、どうも使い勝手が悪かったりするシステムが出来上がる場合があります。 そういった事がない様に、画面デザイン設計を行い、決してプログラムを組みやすい方向で構築するのではない、お客様の要望を考えたシステム開発を行っていきます。

スマホアプリ開発

Smart Phone App

スマートフォンアプリを使った業務改善を図ります。例えば、大学用の出欠管理アプリ、また、店舗情報発信アプリ、社内情報共有アプリなど、どこでも気軽に持ち運べるスマートフォンの利点を利用し、目的に合ったわかりやすいUX/UIで、業務問題を解決します。

業務改善システム

System

お客様の業務の問題を解決するシステムを1から企画・開発いたします。例えば、人事や経理用の社員や会計を管理するシステムや、医療向けの専門的な情報を記録するシステム、工場の製造工程を共有するシステムなど、業務システムには幅広い可能性があります。

デジタルリポジトリ

Digital Repository

大学や行政・公共機関や医療関係の膨大な情報を一元管理するためのデータベースを設計します。実績としましては、「久留米大学デジタルアーカイブ」があります。NDLや、JAIROとも連携しており、世界中の研究機関とつながっています。

PAGE TOP